50代・60代のストレスの原因

原因

50代・60代のストレス

HOME > 原因 > 50代・60代のストレス

50代・60代のストレスの原因

ストレスの原因は、年齢層によって変化していきます。特に精神的なストレスの原因は年齢層によってさまざま。

では、50代・60代のストレスの原因を紹介します。

50代・60代のストレスの原因

仕事も最終段階となり、退職して悠々自適になったり、再就職をしたりと、第2の人生を歩みはじめる時期。

  • 子供の独立によるさみしさ
  • 更年期障害などの体調の変化
  • 定年退職での生活のリズムの変化
  • 自分の無価値感
  • 再就職
  • 退職した夫が家にいることへのストレス
  • 親の介護
  • 親との死別
  • 友人との死別
  • 死への恐れ
  • 老眼や体調の変化による老いの自覚
  • 持病
  • 経済的不安
  • 老後の不安
  • 政治への不満

老いや人生の限界を感じはじめる時期。更年期障害での体調不良が心の面でも影響も受けてきます。体力も低下してきたり、ホルモンバランスも乱れてきます。

退職や子供の独立などで自分の存在意義をなくしたように感じてしまい、やりがいもやる気もなくしてしまって、自律神経のバランスを乱すことも出てくるのがこの年代です。

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事