ストレスとは

ストレスとは

ストレスとは?

HOME > ストレスとは

ストレスとは?

ストレスとは、なんらかの刺激によって「心や体の状態」のことを言います。例えば、苦手な上司に嫌味を言われたとします。この場合は、

  • ストレスの原因・・・苦手な上司が私に言った嫌味
  • ストレス・・・・・・自分が感じたイヤな思い、腹立たしさ、などの気持ち

ということになります。

ストレス=イヤなこと、というのは間違いです。

ストレスと言われて思いつくのは、イヤなことではありませんか?

上司やご近所や学校などでの人間関係、仕事のプレッシャー、ノルマ、長時間の通勤、多忙な仕事、騒音、お金がない、税金が高い、政治家への不満など。

しかし、ここが勘違いしやすいところな。「ストレス=いやなこと」というのは間違いなんです

  • 苦手な上司と一日じゅう一緒に仕事をするのも、
  • 好きな男性(女性)と久しぶりに一日じゅう一緒に過ごせるのも、
  • 明日からテスト週間で、なかなかテスト勉強が終わらないのも、
  • 楽しみにしていた運動会に向けての、大好きなリレーの練習も、
  • 「あぁ~、年末年始の休みも今日で終わり。明日から会社かぁ」も、
  • 「いよいよ、明日から海外旅行だーっ!」も、

すべて「ストレス」です。

結婚も離婚も、昇進も左遷も、入学も卒業も、イヤな仕事も楽しいデートも、うれしいことも、イヤなことも、楽しいことも、つらいことも、すべてストレス。

イヤだとか楽しいとかは関係なく「心と体に受けるありとあらゆる刺激 = ストレス」 ということなのです。

ストレスのない状態=何の変化も起こらない状態

ストレスのない状態とは、変化や刺激がない状態のこと。温度も音も光も何も、何もかもがまったく変わらない状態。

これに近いイメージとしては、静かでぽかぽか陽気の昼さがりに、縁側でのんびりとうたた寝しているような状態ですね。

スポンサーリンク

精神的なストレスと、肉体的なストレス

ストレスには精神的なものと肉体的なものがあります。うれしい、楽しい、不愉快だ、悲しい、つらい、と感じるのは、精神的なストレス。激しい運動、長時間の通勤、悪い姿勢、食品添加物、睡眠不足などは、肉体的ストレス。

このように精神的なものと肉体的なものがあり、原因も非常にさまざま。こんなことまで? と思うような原因がたくさんあります。(ストレスの原因の具体例 >>

ただ、原因があれば必ずストレスになるというものでもありません。個人個人の肉体面の違い、性格や思考パターンの違い、によって変わります。

  • 暑さが苦手な人には、夏の暑さはかなりこたえますが、
  • 暑さが好きな人には、夏の暑さも心地よく過ごしているでしょう。
  • ジャズが好きな人にジャズを大音量で聴かせたら、ノリノリになるでしょうが、
  • クラシックが好きな人に演歌を大音量で聴かせたら、ストレスになりそうですね。
  • 上司に叱られて、落ち込んだり自分を責めてしまう人もいれば、
  • 上司に叱られても、テキトーに聞き流してケロッとしている人もいます。

ストレスがないのも、体には悪影響

ストレスは無いにこしたことはない、と思いがちですが、無さすぎても少なすぎても、体調不良を引き起こしてしまいます。

大切なのは、ストレス(刺激)とリラックス(刺激のない状態)のバランス。

とはいえ、現代人はストレスが多すぎる傾向があり、心と体の不調の大きな原因となっています。ストレスが蓄積していることに気づけない人も多いよう。

少しでも原因を取り除く。受けてしまったら発散・解消する。そんな工夫を日々の生活の中で取り入れることが、非常に大切になってきます。

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事