ストレスに強い人と弱い人の性格の傾向

ストレスとは

ストレスに強い人弱い人

HOME > ストレスとは > ストレスに強い人・弱い人

ストレスに強い人・弱い人

ストレスに対する「強い・弱い」は、成長の過程で形成された性格が大きな原因となっている、といわれています。

一般的に、次のような人はストレスに弱く、慢性的にストレスを感じる傾向があるようです。

ストレスに弱い人の傾向

  • 几帳面、完璧主義、責任感が強い
  • 周りに合わせようとして、自分を犠牲にしたり、無理をする
  • 感受性が高い、神経が細やか
  • 一つのことにとらわれる、些細なことが気になる
  • 親にたよりがち、他人に頼りがち

1. 几帳面、完璧主義、責任感が強い

細かいところまできっちりやらないと気がすまない。人から頼まれたことはイヤとは言わず責任をもっておこなう。

妥協することをせず完璧を目指すあまり、うまくいかないといらだってしまったり、自分を責めて落ち込んだりする。ストレスをためやすくて弱い人の性格の代表的な傾向です。

2. 周りに合わせようとして、自分を犠牲にしたり、無理をする

飲み会に行きたくないのにガマンして行く。一次会で帰りたいのに二次会に行く。パスタが食べたいのに言いだせず、みんなと一緒に和食を食べにいく。

自分の意見を言えずに、まわりの意見に賛成する。これでは、ストレスが解消されるどころかたまっていく一方ですね。

3. 感受性が高い、神経が細やか

普通の人なら少し悲しい出来事なのにとても悲しんだり、思いつめて深く落ち込んだり。神経が細やかでいろんなところに気づく反面、あれもこれも気になってしまうことも。

4. 一つのことにとらわれる、些細なことが気になる

相手のなにげない一言がずっと気になったり、くよくよ考えたり。ささいなことが気になってイライラしたり、落ち込んだり。

いつも小さなストレスが積み重なっている状態がこのタイプです。

5. 親にたよりがち、他人に頼りがち

依存心の強いタイプ。相手からの愛情を強く求めがちで、本人が自覚していない場合も。相手から愛情が感じられなかったり、受け入れられないと、大きなストレスとなります。

依存の対象は、親や妻、夫、会社の上司、同僚、ちょっとした知り合いにまで。

また「人」に依存するばかりではなく、「仕事」自体に依存をしてしまうケースもあります。

休日(特に長期休暇)に何をしたらいいかわからなくて落ち着かない。定年退職したとたんに自分の存在意義を失って、強いストレスになる。

「肩書き」や「地位」に依存している場合も、その地位を失ったとたんに、大きなストレスを感じるようになることもあります。

逆に、ストレスに強い人にはどんな傾向があるのでしょうか?

スポンサーリンク

ストレスに強い人の傾向

  • 不愉快なことがあっても、すぐに気持ちを切りかえられる
  • まわりからどう見られているか、どう評価されているか、が気にならない
  • 感情をのびのびと表に出せる

弱い人の正反対の性格の人はストレスに強い性格になります。

自分らしく自然体でいられる人、他人は他人、自分は自分と割り切っている人は、ストレスをためにくく、心も体も元気でいられるようですね。

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事