主婦神経症

ストレス症候群

主婦神経症

HOME > ストレス症候群 > 主婦神経症

主婦神経症とは?

主婦神経症とは、主婦の役割をしっかりと果たそうとがんばった結果、肉体的にも精神的にも疲れきって神経症(ノイローゼ)の状態になってしまうものです。

その代表的なものとしては、「介護ノイローゼ」や「育児ノイローゼ」があります。

主婦神経症でストレスが多い状態が当たり前になってくると、それが普通になって、「ストレスがたまっているわ」と感じなくなり、ますます体や心の負担になってしまって、心や体に症状があらわれるようになります。

主婦神経症になりやすい人

このようなタイプの人が、主婦神経症になりやすい傾向があります。

  • 責任感が強い、生真面目である
  • 人に頼むことが苦手で、つい自分でやろうと抱え込むことが多い
  • 友達に相談したり愚痴を言うのが苦手で、自分で頑張ってしまう
  • 完璧主義
  • 手伝ってくれる人(ご主人、両親、兄弟など)が身近にいない

主婦神経症の対処法

主婦神経症の対処法は、完璧主義をやめて肩のチカラを抜くこと。

自分で全部こなそうとせずに、ご主人やご両親に甘えてみたり、お友達に話や愚痴を聞いてもらったり、自分の時間を作って好きなことをするなど、肩のチカラを抜いて「楽しむ」ことは、主婦神経症の大切な対処法です。

「いいかげん」は「良い加減」であって、おざなりということではありません。いい意味での「いいかげん」になって、まわりの人に甘えるようにしてください。まわりの人も、頼られることや誰かの役に立てることは嬉しいものです。

スポンサーリンク

▼関連記事