主人在宅ストレス症候群

ストレス症候群

主人在宅ストレス

HOME > ストレス症候群 > 主人在宅ストレス症候群

主人在宅ストレス症候群とは

主人在宅ストレス症候群とは、主人が仕事中心で不在がちな環境に慣れていたのに、主人が退職や不況によって早く帰るようになって、在宅時間が長くなることが原因で、妻がストレスを感じている状態のことをいいます。

「主人在宅ストレス症候群」とは、心療内科である黒川先生が名づけられたもので、献身的に治療にあたられているそうです。

主人在宅ストレス症候群になりやすい人

次のようなタイプの人は主人在宅ストレス症候群になりやすい傾向があります。

  • 主人が定年退職をして、家にいるようになった
  • 主人が脱サラをして、自宅で仕事を始めた
  • 不況などの影響で残業・休日出勤・接待が減り、家にいる時間が増えた
  • 今までの主人は仕事中心で、家にいることが少なかった
  • 今の主人は家でゴロゴロしていて、家事を手伝わない
  • その割りに、家のことに細かく口を出したり、指図したりする
  • 主人は妻が出かけるのをあまり好まず、家にいるのを好む
  • 夫婦の間での会話があまりない
  • (妻は)まじめな性格で、趣味や友人関係は少ない方である

主人在宅ストレス症候群の症状

心の症状

イライラ、落ち着かない、リラックスできない、うつ、自律神経失調など

体の症状

偏頭痛、高血圧、胃・十二指腸潰瘍、動悸、不眠など

スポンサーリンク

主人在宅ストレス症候群の対応策

本人ができる対応策

夫婦の間で会話をする機会を増やしましょう。テレビのこと、ニュースのこと、ご近所のことなど、話題はなんでもかまいません。

また、趣味、ボランティア、お友達づきあいなど、なるべく外に出かけて気兼ねなく楽しめる時間を作ることも、主人在宅ストレス症候群の対策としておすすめ。ストレス解消にもなりますし、心の余裕も生まれますね。

まわりの人ができる対応策

趣味でも、ちょっとしたお出かけでも、喫茶店でお茶をするでも、外に出かけるお誘いをしてあげてください。外に出たりお友達とおしゃべりをするだけでも、ずいぶん気持ちは楽になります。愚痴を聞いてあげられるならぜひ聞いてあげてください。

ご主人ができる対応策

奥様の体の不調に気がついたり、「イライラしてるな、小言が多いな」と気がついたら、主人在宅ストレス症候群かもしれません。ぜひ気を配ってあげてください。

ご主人が定年まで勤めあげたとしても、奥様には定年はありません。今まではご主人が仕事で奥様が家事という分担だったとしても、定年をむかえた後はご主人も奥様も家事を分担しながら助け合うものです。

家事をうまくこなせるかどうかは二の次。いたわる気持ちが奥様には嬉しいでしょう。ただ奥様には奥様のやり方があるので、よかれと思ってご主人流に家事をするとかえってイライラさせてしまうことがあります(汗)。

ゴミ捨てや掃除機などできることから手伝ってあげてください。たまには一緒に出かけたり、夫婦の会話を楽しんだり、奥様が友達と出かけやすい環境をつくってあげるのも、喜ばれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

▼関連記事