VDT症候群

ストレス症候群

VDT症候群

HOME > ストレス症候群 > VDT症候群

VDT症候群とは

VDTとは、パソコン、テレビゲームなど、ディスプレイ(画面)とキーボードからなる端末のことをいいます。VDT症候群とは、これらの端末を使った作業を長時間することで、「目」「体」「心」に不調をきたす状態のことをいいます。

視線がキーボードと画面と書類の間をいったりきたりしながらも、画面を集中して見ているため「まばたき」の回数が減ったり、長時間おなじ姿勢を続けながらも手首や指先だけが頻繁に動くというかたよった状態が、VDT症候群を引き起こしています。現代社会において増えているVDT症候群は、特にオフィスで多くみられます。

VDT症候群 になりやすい人

次のようなタイプの人はVDT症候群になりやすい傾向があります。

  • パソコンでの仕事をいつも長時間している
  • 長時間ゲームをしている
  • 長時間テレビをみている
  • パソコン仕事の合い間は、ほとんど休憩をとらない(1時間以上続けて仕事をしている)
  • つい集中して何時間も画面に向かうことが多い

VDT症候群の症状

心の症状

イライラ、不安感、無気力、抑うつ状態、不眠

体の症状

目の乾き、目の疲れ、充血、視力の低下、目がかすむ、ぼやける、肩こり、首のこり、肩や腕の疲れ、背中のコリ、手の指のしびれ、頭痛、疲労感、食欲不振、だるい

スポンサーリンク

VDT症候群の予防と対策

本人ができるVDT症候群の対策

1時間作業したら10分程度休んだり、適度に体を動かすことは、VDT症候群の予防と対策にはとても大切です。またパソコンの画面の設置場所は、直射日光が当たらず、照明が反射せず、十分に明るい場所で、画面と目の距離も、40cmから50cm程度になるよう配慮してください。

まわりの人ができるVDT症候群の対策

オフィスでは、クーラーなど空調の風が直接あたるところはドライアイの傾向も強くなりがちなので、デスクの場所を変えるよう調整してください。

スポンサーリンク

▼関連記事