園芸療法

ストレス解消法

園芸療法

HOME > 解消法 > 園芸療法

園芸療法でストレス解消しよう

園芸療法をご存知ですか?

ガーデニングは、心と身体によい影響を与えるということは前からよく知られていますよね。老人ホームや精神疾患、身体障害者などの人たちのための施設でもガーデニングが積極的に行われるようになってきました。特にアメリカやイギリスでは自然との親しみを大切にしているためにガーデニングが身近になっています。小さな庭でも個性的なデザインを楽しむなど、心にゆとりをもつことでストレス解消ともなっています。

園芸療法として歴史が古いイギリスでは、ガーデニングと健康との関連について「土いじりをすることで自然の癒しの力でリハビリをおこなえる」ということが古くから書籍にもなっています。そして20世紀にもなると作業療法としてリハビリなどに組み込まれるようになって、さらに関心が高まってきました。

スポンサーリンク

土や花が心なごませる

土を触っていると「なんだか心が癒される」「心が落ち着く」と感じることがありませんか?花や木を見たり触れたりすることで「心がなごむ」ということもよくあることでしょう。このように園芸療法には、ストレス緩和や免疫力アップの効果が認められているのです。

土や草花のにおいを嗅いで普段は使っていない感覚を刺激すると、ストレス解消に良い効果が生まれてきます。植物と親しみながら「命を育てる喜び」や「生きがい」を見つけたり、達成感を味わうことで体もいきいきとしてきます。

土に触れることで心や体が癒されるのは、庭での園芸だけでなくベランダでのガーデニングでも同じこと。たとえ小さな鉢植えでもその植物の成長が楽しみになってきます。毎日毎日、その鉢植えの手入れをしていくうちに「早く花が咲きますように」と愛着もわいてきますし、野菜であれば実が大きく育って収穫できる日がさぞ楽しみなことでしょう。

ストレス解消法として園芸療法として取り入れると、まず体を動かすことで「ストレス解消になっている」ことに気がつくと思います。日ごろ運動不足な人にとってはガーデニングで体を動かすだけでもとても気持ちがいいものです。自分が育てた植物がキレイな花を咲かせたり、実った野菜を収穫して食べたり、という瞬間はとてもうれしいものでしょう。

園芸療法では、この作業をグループでおこなうことによってコミュニケーション能力が高まり、好奇心、注意力、観察力、忍耐力なども養われて意欲や生きがいも高まって、自信が生まれてくるという効果も期待されています。

スポンサーリンク

▼関連記事