牛乳

ストレス解消法

牛乳

HOME > 解消法 > 牛乳

牛乳でストレス解消

牛乳に含まれるカルシウムはストレス解消に効果的。牛乳には、良質のカルシウム・たんぱく質・ミネラルが豊富に含まれていて、体にも吸収されやすいので牛乳を飲むのはとてもおすすめです。

体にとってはセロトニンやミネラルが必要であり、精神的なストレスなどの改善にも役立っています。必須アミノ酸の一種である「トリプトファン」からセロトニンがつくられるのですが、牛乳にはその「トリプトファン」というアミノ酸が含まれているのです。このトリプトファンがセロトニンに変化することで心が落ち着いて癒されてきます。セロトニンとは脳内ホルモンとして知られていますが、これが不安を解消したりイライラしている神経を静めてくれるのですね。

また、牛乳に含まれているカルシウムは「抗ストレスホルモン」の生成に必須のミネラル。摂取すると自動的にストレスやイライラに抵抗できるようになります。ただし吸収を高めるためには一緒にマグネシウムをとることが大切。牛乳といっしょにチョコレートや豆類、緑黄色野菜などをとるように心がけましょう

食品の中でも牛乳はカルシウム含有量がトップ。タンパク質やカルシウムのほかにもリンやビタミンA・ビタミンB2など人間に必要な栄養素がたくさん。現代人には不足している栄養素を補うものとしてとても大切な食品だということがいえるでしょう。

私たちの体では、肉体的や精神的に刺激が加わった場合に、「ストレス反応」というその刺激によって受けるダメージを少しでもやわらげようとする反応が現れます。通常この反応をくりかえしているうちにも刺激に強くなってくることが多いですが、反応の弱い人というのはダメージをそのまま受けてしまいます。現代病といわれる肩こりや眼精疲労・不眠や食欲不振などを感じるのも、ダメージを受けてしまっているからでしょう。

スポンサーリンク

寝る前のあたたかい牛乳で深い眠りへ

寝る前の1杯のあたたかい牛乳は、寝つきをよくして眠りを深くするはたらきももたらしてくれます。眠気を誘うには科学的にも証明されている物質の「トリプトファン」「カルシウム」「ビタミン類」などがありますが、トリプトファンは眠気を誘う脳内物質セロトニンの生成には大きくかかわっています。トリプトファンは牛乳・チーズ・大豆・魚などに含まれていますが、寝る前のトリプトファン補給には、牛乳が胃にも優しく補給しやすいものでしょう。ほかのチーズや大豆、魚などは寝る前の3時間前にバランスよく食べることで効果もでます。

寝る前に「バナナ牛乳」を飲むとよく眠れるといいますが、これは牛乳に含まれているトリプトファンとバナナに含まれているビタミンB6とが合成して、眠気を誘うセロトニンが作られるから。不眠解消のためだけではなくイライラやストレス解消のためにも「バナナ牛乳」はおすすめで、生活が不規則な人ほど積極的に摂取するようにすればストレスにも負けなくなるのではないでしょうか

スポンサーリンク

▼関連記事