リラックスする方法

ストレス解消法

リラックスする方法

HOME > 解消法 > リラックスする方法

リラックスする方法とは?

人間には仕事にしても運動にしても限界というものがあるので、効率を考えてきちんと休憩をとることが大切です。特に、過労によるストレス状態になると、仕事中にはあまり疲労感を感じないケースが実は多いんです。ある程度働いたらきちんと休憩をとる方が、効率も高くストレス予防にもなる方法です。

人間は仕事だけに限らず、家事・育児・趣味・スポーツ・勉強などでもストレス状態に陷ってしまう場合が数多くあります。そこで、休憩をとって脳も体もリセットしてリフレッシュさせるように心がけましょう。

たとえば、軽く体を動かしたり、オフィスなどから出て外を散歩をしたり。頭や体にたまった疲れが解消されるのではないでしょうか。屋内でじーっと仕事に向かっていると頭ばかりが疲れてしまいます。休憩しているあいだは「なにも考えない」ということが体には一番のストレス解消法になるかもしれません。

スポンサーリンク

音楽で感情を解放しよう

また、「なにも考えない」ということでは、聴覚に働きかける音楽を聞くとストレス解消法もあります。自然と耳で聞き流すことのできる音楽でもいいし、ヒーリング音楽や自然の音、もちろん自分の好きな音楽などを楽しむのも、最高にリラックスできる方法でしょう。

音楽を聴くには、その時のストレスの度合いに応じて「音楽を効く」ということができたら理想的。「今の自分の感情に一番近い音楽」を選ぶことができれば一番のリラックス法になるということがいえるでしょう。たとえば、「悲しいときに無理やり楽しい音楽は聴くよりは、悲しい曲を聴いておもいきり泣いた方がよい」ということがあります。悲しい、悔しい、つらい、寂しい、といった感情はついおさえがち。その感情をあえておもいきり出すことで、心が解放されて軽くなるものです。

睡眠不足を解消して、ストレスに強いからだへ

また、睡眠をうまくとるということもあるでしょう。それは10分15分の昼寝でもいいでしょう。日常的に睡眠の足りていない人はストレスに陥りやすい傾向があるのです。いつも睡眠が不規則な人は精神的にくよくよと落ち込みやすいことも多く、ムダなことばかり考えてしまう傾向があるようです。

休憩のことでも「休むわけにはいかない」「生活がかかっているので休めない」という言葉を多く耳にしますが、体は知らないあいだにもストレスで押しつぶされそうになっていることが多いです。働けなくなってしまったら、それこそストレスどころではないはず。適度に休憩をとることで、仕事の効率も高くなってくると考えたらいかがでしょうか。

スポンサーリンク

▼関連記事